都市部と地方の時給に関して

都市部と地方の時給に関して

たまにハローワークに出向きますが、フロアには最低時給に関してのポスターが掲示されています。私たちが住んでいる徳島県は、確か720円前後だったと記憶しています。ただ、これはあくまでも最低の金額です。景気が底を脱した近年においては、徳島県でも平均すると900円前後にはなっているようです。しかし、都市部においては更に高い金額です。物価が高いので当然でもありますが、関東近郊に住む友人は地方との差に驚いています。地方では過疎化が進んでいますが、背景には賃金の低さがあります。若者の雇用を増やすことと、賃金アップ策が求められます。

私もこれまでに様々なアルバイトを経験してきました。最も高額な時給は、阿波踊り期間中の居酒屋での勤務です。夕方5時〜翌日の3時迄で、1800円の時給でした。一見すると破格の待遇のようですが、阿波踊り期間中の店内はまさに戦場です。逆の考え方をすれば、それ位の金額を出さないと人員確保が出来ません。お盆が終わると、全身に披露が溜まりボロボロになっていました。それを経験した後は、通常の勤務に余裕を感じるようになりました。居酒屋のアルバイトは、酔客の相手や汚物の掃除があるので大変です。

Copyright (C)2015都市部と地方の時給に関して.All rights reserved.